09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

V& Live Tour 2017 The ONES 10/18 横浜アリーナ

2017/10/19
「V& Live Tour 2017 The ONES」横アリの最終日に行ってきました。

楽しかった!
まずは、そこですね。
そして、「Vコンってアイドルとしてのライブのある種の完成形だな」という思いをまた新たに。
Vコン初参戦の事務所担の友達と一緒に行ったのですが、彼女も全く同じ感想で帰り道そのことで、すっかり語り合ってしまった(笑)

もちろん、映像などもきれいではあるけれど、それより何より、6人がほんとにがっつり踊って、MCはイノッチと健くんと岡田君を中心に面白い。そして凝った仕掛けは無いけれど、横アリのスタンド席までトロッコと徒歩で回りすごく近く見ることができて、最後色紙やボールまで投げて、トリプルアンコデ。ジュニアもつけていないから、それを6人だけでやる。
全員がアラフォーだけれど、イタさは全くなくかっこいいままに、アイドルとして見せてくれる。
(全員がキレキレに踊れるところが大きいよね)

ライブの剛くんは、相変わらず歌っても踊ってもかっこいいの一言だし、健くんはキュートでありました。すごくサービスしてくれたなぁって思う。

嵐は、毎回新しいものを呈示してくれて、ある種ファンもそれを一体になって作っている感(実際はそうでないけれど、、演出の一部的な?)があったり、全体が巨大なエンタテイメントになっていて、それは毎回何がみられるのか、すごくワクワクするものではあるけれど。
Vコンはまた全く違うあり方で満足度が高い。

今日、見学者は 藤ヶ谷くん「、宮田くん、伊野尾くん、ウエスト神山くん、藤井くん、スノウマン
伊野尾くんは、いじられて普段と変わらずのマイペースな感じだったけれど、藤ヶ谷くんがほぼ直立状態でめっちゃ緊張していたのが面白かった。そうだよね、大先輩だものね。まぁ、こっちが普通の反応だよね(笑)




スポンサーサイト
01:13 ジャニーズ・ライブ・舞台 他 | コメント(0)

オトノハ VOL.167

2017/10/18
今回のオトノハ、14日更新だったんですよね。

いやいや、あまり何も考えず、ずっとアプリから入っていたのですが、iosを更新したら、アプリがうんともすんとも開かなくなりまして・・・・、
そもそもスマホを買い替えた後、移行してないし・・・とかすっかり浦島なことを考えておりまして・・・
新しいスマホでアプリ探してもでてこないしとか、なんかいろいろもがいていたのですが、昨晩フォロワーさんに教えてもらい、Web上から入るんだと初めて了解した次第です。
(Tさん、Nちゃん ありがとう!)
どうりで、アプリから入って、毎度毎度サファリで開いていたわけだ・・・・

と、こんなところで躓いていたもので・・・

とにかくオトノハです。
そして、「先に生まれただけの僕」です。

はい、がんばってオンタイムでみれたよーー。
テンポもよく櫻井翔ファンということをおいておいて普通におもしろいと思える作品で嬉しかった。

商社マン姿の翔くんがあまりにも板につきすぎていて、すてきでした。
校長になった成海涼介は、いくら教育現場の素人だって、もう少し想像力を働かせて戦略的に考えれば、そんな発言ないだろうと突っ込みたくなる部分もあったけれど(笑)
でも、あの営業スタイルは、どちらかというと足で稼ぐ感じ?だからかなぁ

先生方もかなりの曲者ぞろいだし、高嶋さんの専務はひくぐらいだしw
楽しい3か月間になりそうで嬉しいです。





00:30 アラシゴト | コメント(0)

ナラタージュ

2017/10/08
昨日から封切りのナラタージュ、昨日は子ども関連の所用があり、舞台挨拶のライブヴューイングすら参加できませんでしたが、今日見てまいりました。

●「ナラタージュ」
監督 行定勲
キャ スト 松本潤 有村架純 坂口健太郎 

公式サイト

まず最初に言いたいこと。
面白かったーとかそんなふうな表現では言い表せない、心がざわついてざわついて、そして苦しい。
私の感覚だと「切ない」っていうのともちょっと違う。「苦しい」

葉山先生の心が傷ついているからこその「その表情、態度だめだよ、そんな風に見られ、接してこられたら、平常心ではいられなくなるよね」という態度にジリジリし、心の傷を思ってヒリヒリし・・・・
泉のまっすぐな恋心、受け入れてくれていそうと思い、でも受けいれてもらえない、好きになった後まだ離婚していないことを知り抑制しようとする気持ち、相反する気持ちがいろいろに渦巻く重苦しさ。
そして、小野の不安感の裏返しの強い束縛

悪意を持っている人はいなくて、みんな誰かを一途に思っているけれど、それが空回りし重たく渦巻く。


潤くんと架純ちゃんは、すごくよかったと思う。
架純ちゃんの、固く重たい肌触りの演技、
潤くんの、優しくてふわっとしてそれでいて空虚な葉山
ふたりのまなざしがすごく多くを語っていたように思います。


泉は、苦しく長い道のりながらも、思い出として昇華していける未来がみえて救いが感じられるラストだったけれど。
あの後の葉山先生は苦しいだろうな。奥さんともう一度関係を作り直すのだろうけど、綻びたものを紡ぎ直すって大変。泉に逃げたことで一番きつい時期はやりすごせたのだろうけど。でも、あそこで離婚するという選択肢はないのだろうし、心のうちにたくさんの出せない思いを抱えたまま生きていくのかな。

最後の路面電車に乗る泉を見送る葉山先生の立ち尽くす姿が心から離れません。

また見に行きます。





23:29 映画 | コメント(0)

ハイジ アルプスの物語

2017/10/05
●「ハイジ アルプスの物語」
監督 アラン・グスポーナー
キャスト  アヌーク・シュテフェン  ブルーノ・ガンツ  イザベル・オットマン  

金曜日に終わってしまうので、ギリ見に行けてよかったです。
小学生の頃、子ども向けの抄訳で読んだし、もちろんあの名作アニメも見ていました!
ホントに久しぶりに、見て、ああこういう話だったと懐かしく思いながら見ました。

そして、見終わって、生きるエネルギーをもらえる元気をもらえる映画だったなぁと。
あぁ、面白かった!とか泣いた!とかそういうんじゃなく、なんか力が体の中にあふれてくるような感覚をもらえる作品でした。

何なんだろう、ハイジが本当にかわいくて、まっすぐで、しなやかで、彼女自身がエネルギーの塊のような少女で。
更に、アルプスの風景が本当に美しくて。
アニメでは、ペーターは普通に良い子だったと思うけど、このペーターは、嫉妬して車いすを壊したりもするけれど、クララに対しt普通に手も差し伸べられる人間味あふれる描き方で、そういう正邪併せ持った描き方も良かった。
これは、首都圏ではたぶん、1館のみの単館上映だったのだけど、もう少し上映館が多くてもいいのになぁと思いました。






00:52 映画 | コメント(0)

ナミヤ雑貨店の奇跡

2017/10/02
●「ナミヤ雑貨店の奇跡」
原作 東野圭吾
監督  廣木隆一
主題歌 山下達郎
キャスト 西田敏行 山田涼介 村上虹郎 寛一郎 門脇麦 尾野真千子 萩原聖人 林遣都 小林薫 成海璃子 吉行和子 手塚とおる PANTA 山下リオ 鈴木梨央

面白かったし、泣けたけど、ファンタジーだからだけれど全体にフワフワしたお話だった。
語られるエピソードは、どれも結構重めでそれぞれ良い話で。そして、いろんなものがどんどんつながっていって、話がするすると滑って進んでいく感じがあった。
予告の感じだと西田敏行さんと山田くんががっつり主役なのかなと思ったけれど、西田さんと、やまだくん、虹郎くん、寛一郎くんのところが要になっていろんなエピソードとの間をいったりきたりする。
林遣都くんのちょっとやさぐれていてでもやさしい路上ミュージシャンっぷりがすごく新鮮だった。

はじめ、丸光園のなんか普通そうな職員さんが手塚とおるさんで、あぁこういう感じの役珍しいなと思っていたら、最後にちゃーんとお仕事してくれている(笑)ところに、思わずニヤリとしてしまいました。


22:54 映画 | コメント(0)
 | HOME | Next »