FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ポーラ美術館 100点の名画で巡る100年の旅 &箱根旅

2017/12/31
年末29.39で、家族で箱根に1泊で温泉に行ってきました。

息子も1人付き合ってくれたので、3人で。
年末の箱根は、駅伝を迎える準備が着々と進んでおりました。
昨日は、箱根関所に行き、その後ってその後成川美術館にちらっと寄ってきましたが、
今日はポーラ美術館に。

会館15周年ということでやっていた企画展「100点の名画で巡る100年の旅」なかなかよかったです。
所蔵作品を使って、1860年代から1960年代に至るまでの美術史の流れを概観するようになっているのですが。
(もちろん、個人のコレクションがもとになった所蔵作品なので、美術の全ての流れを網羅するというわけにはいきませんが)
それでも、所蔵作品だけでこれだけ見せることができるのは、まずjすごいなぁと。

まず印象に残ったのはモネのコレクション
展示されていたのは、全9点。「サン=ラザール駅の線路」「ジヴェルニーの積みわら」「睡蓮の池」等は改めてとっても良かったです。

あと私にとって、収穫だったのは、マグリットの「生命線」→ふだんマグリットというと、ハトやソフト帽をかぶった男性がモチーフになっているのが多いけれど。これは、女性の裸婦像ときれこんだ岩?がバックに。もちろん、マグリットではあるけれど、題材が新鮮に感じたと同時に、岩の輪郭が祖国のベルギーの形をしているのは、戦争が背景にあるとか。

熊谷守一の「きび畑」 ちょうどテレビの「美の巨人」で熊谷守一を見た所だったので、なんてタイムリー!と。この作品も印象的で、熊谷守一を集中してみてみようかなって思った。

●「100点の名画で巡る100年の旅」
場所 ポーラ美術館
期間 2017.10.1~2018.3.18



スポンサーサイト
00:44 アート | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示