FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

青島広志のバレエ音楽ってステキ!

2018/08/22
指揮者の青島広志&ダンサーの宮尾俊太郎さんの司会、ナビゲートで、バレエ音楽を中心に、初心者や子ども向けに簡単な解説と代表曲のオーケストラによる演奏、Kバレエのダンサーによるバレエを組み合わせた企画です。
青島さんのお話は、面白かったし、すごくメジャーどころを中心に音楽、バレエの両面からの解説つきで、さらにはバレエも迫力があって、とても楽しめた企画でした。

●「青島広志のバレエ音楽ってステキ!」
場所 中野ZEROホール
出演 青島広志、宮尾俊太郎、シアターオーケストラトーキョー Kバレエカンパニー

今回の演目は、
・喜歌劇「こうもり」序曲 (バレエ付き)
・「眠れる森の美女」より、プロローグ、第1幕よりワルツ、第1幕よりローズアダージオ(バレエ付き)
・歌劇「アルチーナ」よりサラバンド
・「白鳥の湖」より情景、第2幕より四羽の白鳥(バレエ付き)、第2幕よりオデットのヴァリエーション(バレエ付き)、第2幕よりオデイールのヴァリエーション(バレエ付き)
・「トムソーヤの冒険」より序曲
・「クレオパトラ」より序曲
・「くるみ割り人形」より、第2幕よりトレパック(バレエ付き)、第2幕より花のワルツ、第2幕より「金平糖の踊り」
・「ロミオとジュリエット」組曲第2番より、モンタギューとキャピュレット
・タイスの瞑想曲(バレエ付き)

席が、前から4列目ですごく良席だったため、バレエはすごく迫力ありました。
GENTSの4名を生でみれて嬉しい。益子さんは、イケキメキメな感じがかっこいいし、杉野さんや篠宮さんは跳躍力がやっぱりすごい。栗山さんは、いかにも王子様然としているし。

白鳥は通しでみたことがないので、やっぱり通しで一度見てみたいなぁって思いました。
四羽の白鳥は、ほんとに白鳥。
あと、くるみ割り人形は、もともと曲が大好きなので、これも見に行きたいなって思いました。

タイスの瞑想曲は、プリンシパルの荒井祐子さんと遅沢さん(ほんとは宮尾さんが踊るはずでしたが、けがのため、遅沢さんがピンチヒッター)でしたが、さすがに見ごたえがありました。美しかったです。

「アルチーナ」のサラバンド(ヘンデル)は、いわゆる宮廷舞曲とよばれるもの(舞踏会とかで踊られていたりしたもの)だそうなのですが、観客がみんな立ってその基本パターンのステップを演奏に合わせてやってみるという企画があって、曲調といい動きといい、18世紀、19世紀舞台の映画、ドラマの舞踏会シーンそのものの感じで、実際にそれを体験できてなんか1人ですごく嬉しくなっていました。




エンターテインメントランキング







スポンサーサイト
23:43 舞台 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示