FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

マンマ・ミーア ヒア・ウイー・ゴー

2018/09/03
●「マンマ・ミーア ヒア・ウイー・ゴー」
監督・脚本 オル・パーカー
キャスト アマンダ・セイフリッド メリル・ストリープ リリー・ジェイムズ ピアース・ブロスナン コリン・ファース ステラン・スカルスガルド クリスティーン・バランスキー ジュリー・ウォルターズ ドミニク・クーパー アンディ・ガルシア シェール 他

見に行こうとは思っていたけれど、楽しいだろうけれどなんか前作と似たような感じなのかなぁと勝手に思って、ハードルを下げ気味で行ったのですが。
いやいや、アバはやっぱり侮るなかれ!楽しく多幸感いっぱいで、元気な気持ちになれた。

基本、映画は多幸感あふれるものは好きです。
(私のベストムービーの1つに「ラブアクチュアリー」があるのだけれど、たくさん笑って、ちょっと泣いて、心の中がじわーっと温かくなるものは大好きです。そして、この作品のストーリー原案にリチャード・カーティスが入っているのをみつけて、嬉しくなってしまった)

ストーリーは、現在は、母ドナ(メリル・ストリープ)は死んでいて、娘ソフィアが母との思い出のホテルのリニューアルオープンのパーティーに、父親候補の3人や母の旧友2人、祖母(これがシェール)などなどが集まってくる。これと、母ドナ(若き日はリリー・ジェームズ)が大学卒業後、いかに父親候補3人と出会い、このギリシャの島に落ち着いて、娘を産むまでの話が行ったり来たりする。まぁ、ストーリー自体、特に若い時のものは、そもそも誰が父親かわからないっているくらいだから、ドナの自由でやりたい放題の楽しい旅行みたいなもので、そこははっきりいってまぁご都合主義的で特に大きなポイントはなし。

でも、何しろリリー・ジェームズが可愛くて可愛くて、本当に魅力的!そして、次々でてくるアバの曲、劇中のそれぞれがアレンジしたものを歌うのだけれど、それが素晴らしい。
リリー・ジェームズも良いし、もちろんアマンダ・セイフリッドの高音もきれい。でも、シェールが登場すると、シェールの歌うアバはまたちょっと独特で持っていかれるし、最後メリル・ストリープが歌うのだけれど、それは素晴らしい。
ミュージカルは歌の魅力と、いかにその世界観の中に違和感なく没入させてくれるかが私にとっては重要だけれど、これはもう何の違和感もなくアバの世界に浸れる。

期待以上に楽しかったです。

これから見る人はいたら、エンドクレジットは最後までぜひみてね。最後にちょっとしたおまけがあるから。


ちなみに10年前に見たもとの映画については、公開時見ていますがとにかくアバの曲に包まれてすごく楽しかったという印象が強く、ストーリーは、ギリシャの島が舞台でメリル・ストリープとアマンダ・セイフリッドの母娘に誰が父親かで3人候補がでてきたなくらいのざっくりしたことしか覚えていなかったのですが。
まぁ、復習していかなくてもそこは何となくでOKだった。





映画ランキング

スポンサーサイト
23:00 映画 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示