FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

TOP HAT

2018/11/07
●「TOP HAT]
場所 シアターオーブ
作者・作曲 アーヴィング・バーリン
演出 マシュー・ホワイト
キャスト 坂本昌行(ジェリー) 多部未華子(デイル) 益岡徹(ホレス) 朝海ひかる(マッジ) 屋良朝幸(アルベルト) 浅野和之(ベイツ)

TOP HATをみてきました。すごくすごく楽しかった。ダンスも歌もよかったし、アール・デコな衣装や美術もすてきだった。

まず、特筆したいのは、多部ちゃんん頑張り!
多部ちゃんの舞台はいくつかみているけれど、今まではストレートプレイだったし、まさかこんなに踊れるところまで仕上げてきたのはすごいなぁと思った。あのキャスト陣の中で遜色なくついていっていたもの。
歌も高音部の伸びとか音程の若干の不安定さはあるものの、かなり頑張っていたと思う。
最初、金髪のかつらをつけた彼女は誰??(多部ちゃんのことを、すっかり失念していたので)って思う程、なりきっていたと思う。

坂本くん、益岡さんは安定したダンス歌、坂本くんはタップもよかった。
朝海ひかるさんは、初めて拝見したけれど、おそらく元宝塚なんだろうなと感じさせる(実際そうみたいだけど)安定っぷり。

そして、よかったのが屋良君と浅野さん。
浅野さんは、本当に好きです。普通の、お父さん、おじさんから、今回のように癖のあるコミカルな役柄も裏切られることなくばっちりで。
やらっち、ジャニーズの舞台では何度もみているけれど、外部の舞台では初めてだったけれど、今回のような狂言回し的ポジションはよかったなぁ。やっぱりたっぱが無いので、主役は難しい部分があるけれど、逆にこういう役柄は引き立つ。
歌はさすがの伸びのある声だったし、ダンスも本当に軽さがあって。今回のような歌も踊りもの舞台は、坂本くんも屋良君も、すごくはまった題材でよさがすごく引き出されていたと思います。


舞台をみながら、この坂本くんん役、フレッド・アステアとかがやったら、まさにはまっているんだろうなと思っていたのですが、帰って確認したら、そもそもフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースの同名のミュージカル映画が原作なのですね。失礼しました。(笑)




演劇・ミュージカルランキング





スポンサーサイト
01:14 舞台 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示